日帰り手術

昼から手術をして夕方には帰れます。
以前は入院が必要な手術でしたが、手術技術の進歩により、日帰り手術が可能になったものがあります。

 

慢性副鼻腔炎、鼻たけ

片側ずつ内視鏡にて、鼻たけで閉鎖したトンネルを広げる手術です。マイクロデブリッターという吸引ドリルを用いて鼻たけを除去していきます。

[術前]

[術前]
[術後]
[術後]

 

慢性中耳炎、鼓膜穿孔

顕微鏡下にて、鼓膜の穴を閉じる手術です。閉鎖材料は耳うらの自分の組織を用います。

[術前]
[術後]

 

滲出性中耳炎

鼓室内に貯留した液を除去して、鼓膜穿孔部分にチューブを留置します

[術前]

[術後]

 

アレルギー性鼻炎

内視鏡を使用しながらレーザー光線で鼻の一部の粘膜を焼灼する手術です。鼻閉、鼻漏を改善する治療法です。複数回の治療が必要です。

 

肥厚性鼻炎、鼻づまり

鼻閉を訴える患者さんに対して、鼻の粘膜下の骨を削除する手術です。


鼻中隔彎曲症

鼻閉を訴える患者さんに対して、鼻の真ん中の壁をまっすぐにする手術です。


鼓膜切開(オトラムレーザー使用)


当院では、炭酸ガスレーザーによる鼓膜切開装置オトラムを導入しました。

適応:
①中等度から高度の急性中耳炎
②治りにくい滲出性中耳炎

目的:
①貯まっている膿や滲出液を出す
②鼓室粘膜のむくみが治るまで、換気穴を開けておく

メリット:
①レーザーなので一瞬で痛みが少ない
②メス切開より穴が長く開いているので再発率が少ない
③高額なチューブを入れる必要がない
④幼児から可能で、入院、全身麻酔する必要がない
⑤内耳、中耳への影響がない
⑥治療期間が短縮する

麻酔液を浸した綿球を10分間、耳の中に入れた後、鼓膜をテレビに映しながら、レーザー光線で鼓膜に穴を一瞬にして開けます。


レーザーで穴を開ける前の鼓膜中に液が貯まってます。  レーザーで穴を開けた後の鼓膜中の液を吸い取りました。


過去5年間の日帰り手術の実績

手術術式

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

副鼻腔炎内視鏡手術

43

40

43

42

45

鼻中隔矯正手術

9

2

1

12

10

アレルギー性鼻炎レーザー手術

33

28

28

35

43

粘膜下下鼻甲介切除術

6

6

12

4

10

術後性上顎のう胞摘出術

0

3

4

2

8

鼓膜形成術

2

4

5

0

1

鼓膜チュービング

15

5

2

7

13

鼓膜切開術

0

6

45

41

35

合計

108

94

140

143

165

 


津軽ばあばの献立日記 つがるナースの若返り奮闘記 弘前発!ハッピーエイジングライフ